オープンセミナー2018@香川 に参加してきた。

osk.connpass.com

オープンセミナー2011@香川 以来、約7年ぶりのオープンセミナー@香川参加でした。
運営の方々ありがとうございました!

オブザーバビリティとGCP - Google 山口さん

http://bit.ly/20190302-observability-gcp

GCPは名前を知っているだけで、中身は知らず。
SREは名前を知っているだけで、中身は知らず。
オブザーバビリティ(observability)は、全く知らず。

巷に流れる情報だけを流し読みしてて知っていた気にはなっていたけど、腑に落ちることもなく今に至る自分にとって破壊力は大きかった。

参加できなかった人も参加した人も、発表資料と合わせてスピーカーノートも眺めると良いと思う。
Google Slides は閲覧者にもやさしいですね。

エンジニアが会社を立ち上げてみて6年 - サムライズム 山本さん

積読ならぬ積聴状態の ajitofmajitofm 9: Better than Shift Shift を数か月前に聞いていたので、少しだけ概要はおさえていた状態で参加。

おーSeleniumだ!おーUserAgent擬装だ!おーテーブル名が日本語だ!と、聞けていた内容が目の前で流れててとても刺激的。
そして、ものすごい行動力に「すげー」と感心しっぱなし。

同じ仕事の繰り返しはつまらない。
どうやれば楽しく仕事ができるかを、自分たちで考えて、自分たちで実装して、自分たちが進んでいく。
色々と大変なこともあるかもしれないけれど、良い働き方だと思った。

失敗から学ぶRDBの正しい歩き方 - 曽根さん

書籍はまだ購入してません!><;

趣のある失敗のお話。その知を共有してくれたすごくいい話でした。

昔々々、「失われた事実」の例に挙がってた設定マスタのようなものを「3か月毎」で「日替わりのタイミング」に書き換える必要があって、約3年間3か月毎に0時作業を行ってた「今となっては悔しい思い出」が蘇ってきたとかなんとか。

「こんなは時どんな設計にすればいいんだ・・・」って自分の頭の中で考えてもどうにもならなくて、そして期限が迫ってきて、しかたなく「運用でカバー」に落ちてしまうことがあったりする。
こんな時に「他の人からのこんなやりかたで回避できるよ」の一言だったり、知識が知れたら、少しだけでも幸せになるのかもしれない。

データベース・リファクタリング」も「SQLアンチパターン」もまだ見ていないけれど、まずは「失敗から学ぶRDBの正しい歩き方」から見てみようと思う。

個人的なまとめのようなYWTらしきもの

Y : やったこと

  • 携帯電源タップを開放。
  • ケーブルで躓かないように近場の剥き出しケーブルを手持ちの養生テープでぺたぺた。
  • 手持ちのコンビニ袋をおやつタイム用ゴミ袋として利用。

W : 分かったこと

  • 出発前に「すぐ済むだろうと」予定外イベント入れるのは危険。→予定より30分遅れで会場着。
  • 携帯電源タップは安定した活躍。今後も期待。
  • 電源開放できる環境では養生テープは必須。
  • 参加者と昼飯を食いに行きたいんだったら、開始1時間前でもちょいと遅い。(開始30分前でもまだイケると思う悪い癖)→結果
  • 頭の回転遅くて、集中して聞くか、良さげと思ったことを呟くか、どちらしかできない。

T : 次にやること

  • 開始1時間前には会場付近に到着する。そうすればうどん屋のはしごも苦じゃない。
  • 常に名札があるわけじゃない。そんなこともあろうかと養生テープ持ち歩いてるわけだし、簡易名札作ろう。
  • 二兎を追わず、自分のやりたいことに集中しよう。
  • 懇親会のど真ん中でいろんな話を聞いちゃったけど、居心地が良すぎて真ん中に居続けた。それ意味ないじゃん。次は積極的に動いて、俺よりすごい人たちの背中を押してあげよう。

息子らと 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER を見てきた。

1月2日に息子らと 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER を見てきた。

結論を先に書くと、とてもよかった。 そして、少し涙出た。

f:id:GOT4416:20190104001227j:plain

平成仮面ライダーは独り身の時にクウガ、アギト、少し飛んで響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイドを見てきた。

けど、そこで途切れた。

理由は嫁との結婚。 ディケイドは最後まで見れたかどうかも怪しかったはず。

日が経って、長男が生まれ、次男が生まれ。

再び仮面ライダーを息子らと見ることができるようになったのは、ゴーストから。 そして、エグゼイド、ビルド、ジオウ、と今に至る。

その日の夜。 寝る前に長男から「仮面ライダーって本当にいるん?」と聞かれた。

「いると思わんと出てきてくれんよ。でもピンチの時だけな。普通の時は出てきてくれん。だって他の人のピンチを助けてるから。」

自分の回答が間違ってるかどうかが分かるのは、もう少し先かもしれないし、まだまだ先かもしれない。

「チームが機能するとはどういうことか」 第4章のみを駆け足で

週末に会社の研修(任意)があるので、勝手に事前知識を詰め込んだ。

読むのに没頭してメモすらも取れていない箇所が多いけど、道中で読み直す&事後にも読み直す。

  • コロンビア号の再突入
  • 対人不安
  • 心理的安全の定義
  • 職場で直面する4つのイメージリスク
  • 有益な妨害
  • 心理的安全は背景によって違う
  • 心理的安全は社交性とは関係ない
  • 心理的安全によって明確に七つのメリットがもたらされる
  • 信頼し尊敬しあう
  • 不安を培養する場所
  • 会社のため、社員のためを思ってなされたとしても、魔法のように指をパチンと鳴らすだけで短期間の取り組みを成功させ、心理的安全を突然生じさせることはできない。
  • 心理的安全の高い仕事の仕方や状況を作るには、リーダーは行動しなければならない
  • 心理的安全は生ぬるい基準や自由放任よって生み出されるものではなく、どんな職場にも困難と制約があり、進歩のためにはそれらについて素直に話す必要があると認識することによって生み出されるもの
  • 境界とガードレール
良かったこと
  • 1時間ぐらいで1章読めた。いつもの読書録形式でメモってたら1週間ぐらいかかってたはず。
問題点
  • 最初のほうは要点を抜こうとしてたけど、最後のほうは全部が大事な気がして文章になってる。集中力が足りん。

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ


Building a psychologically safe workplace | Amy Edmondson | TEDxHGSE

gigazine.net

Team Flow From Concept to Application

英語力は誠意勉強中ですが基本Google翻訳頼みです。
オランダ語はそもそもGoogle翻訳がないと意味不明です。

AgileJapan2018 での Woody Zuill さんの基調講演「モブプログラミングと”フロー”の力」(Mob Programming and the Power of Flow)の講演資料 p.86 で引用されていた「Team Flow From Concept to Application」(石が積まれている表紙)が知りたくて調べた。

2018年10月8日現在、著者の Jef van den Hout さんが設立した Flow Concepts 社のWebサイトで、ありがたいことに一時的(tijdelijk)にPDF版が無料で公開されている。(印刷版(&署名付き?)は€27.50らしい)

https://flowconcepts.nl/
-> inspiratie
-> Publicaties
-> proefschrift
-> Team Flow: From Concept to Application (pdf)
-> download deze publicatie (この出版物をダウンロードする)

講演資料で挙げられていた11の要素は「2.4 Elements of Team Flow」にまとめられている。

以下、Google翻訳を使った該当章のななめ読みで引っ掛かったところ。

お茶漬けと焼きそばとキムチ焼きそばを食べながら

頭の中の単語が眠気に混ざって消えていく前に書き留めるのが精一杯だったという記憶しかない。


読書会
XP本
行間
Kent の英語
最後の文
みんな読んでたジェラルドワインバーグ
ライト、ついてますか
フィードバックが隠れてる
参考文献

沢田マンション

Scrapbox
Wiki
Ward Cunningham
Ward and Kent
パターン言語
オブジェクト指向プログラムのためのパターンランゲージの使用

https://kdmsnr.com/translations/using-pattern-languages-for-oop/
ユーザーインターフェイス設計におけるパターンランゲージの使用が最初に成功したときは、コンピュータユーザーたちが自分自身のアプリケーションを自らが設計し、プログラミングするという可能性があるのだということに、我々は大変熱狂した

パターン
Christopher Alexander
トルコ絨毯(Turkish Carpet)

中埜博
小さいモデル(後で調べる)
人に寄り添って成長する家
PLoP 2018

白本1stと2nd

kkdをdisった人

積読百冊以上
kindle危険

mindmap一枚で話す

反省会と回顧とふりかえり
ひらがな本
能率協会の本

できることから1歩2歩